カテゴリ:お家づくり( 16 )
おじゃましまシタ
最近、お客さまのお家にオジャマすることがとても多いのですが、先日はイベントで、実際建てられたお家に、他の方たちを連れてオジャマしてきました。

ちょっと、他の人のお家を覗くのって、ちょっとドキドキですよね。
実際は、みなさん、聞きたいことがありすぎるみたいで、興味津々!生の声が聞けて、よかったんじゃなかったかな?ご協力頂いたIさまとKさま、本当にありがとうございました!

e0061787_1011769.jpg←Kさまのお家では、おみやげまで頂いてしまいました。手作りのワッフル!ラッピングも可愛くて、美味しかったです。ごちそうさまでした。

次回のイベントは、人気の珪藻土塗り講座。興味のある方は、ご応募下さい。

そして、興味があると言えば、前々からたくさんお問い合わせ頂いていたのですが、本当に他のお家を見るのって、影響があるな・・・と思い、実は、日時を決めて、わが家をオープンハウスとしてお見せするのもいいかな?と思い始めました。
普通のお家とは、多分、肌触りが違うので、なにか感じてもらえればと思っています。
[PR]
by showhinkan | 2007-09-20 10:32 | お家づくり
わが家の壁です。ここは珪藻土の部分。実家の自分の部屋が塗り壁だった私。小さい頃は、その壁が嫌でたまりませんでした。特に嫌だったのが、ポスターを貼ると壁が落ちてくること(笑)

お友達のお家のクロスのお部屋に憧れて「なんで、私の部屋は、こんなにざらざらなのぉ?」とずーっと思っていました。
e0061787_16574239.jpg

そんな私だったのに、今のわが家の壁は珪藻土とペイントのみ!クロスは一切使っていません。しかも、あんなに嫌だったざらざらの壁だったのに、今ではどうやって、ざらざら感をだすかで試行錯誤しています(笑)

大人になって分かることってたくさんあるけれど、素材感って、五感で動く人間には、必ずなにか伝わるんじゃないかな・・・って。当時は怒っていたけれど、今では子供部屋をざらざらの壁にしてくれた母に感謝しています。

そして、ゆうたろうや咲太朗も、きっと「ポスターが貼れない」って怒る時がくるかも??と思いながらも、素材感を養う為の「わが家流の(唯一の)教育」だよね~と主人と2人で話しています。きっと2人にも分かる時がくるはず??です。

おしらせ・・・お店で珪藻土講座を行います。詳しくはこちらからご覧下さい。
[PR]
by showhinkan | 2007-06-13 23:59 | お家づくり
「イメージ」を「形」に
家を造る時、一番先に決めたのは「書棚を作ろう!」でした。
相変わらずドンドン増えていくばかりの本を、なんとか収める場所が欲しいという実用的な理由と、海外のお家には必ずある書棚が、かっこよく見えたという憧れからです。

本当はデスクの隣に置こうと思っていたのですが、少しでも広く場所が取れる場所にと急遽、この場所に決まりました。なので気づけば床は、あの手洗いしたアンティークテラコッタ!そしてトップライトが入っています。
e0061787_18353980.jpg
見た感じ、ただの箱にしか見えない書棚ですが、この箱を作るために、何度も何度も細かい打ち合わせを重ね図面を描きました。
作ってくれたのは、腕のいい家具職人さん。なので、私たちの求めるラフさ加減がどうしても許せないらしく、「ダメだ、ダメだ!」の嵐でした。毎回どんなにドキドキしながら「これで作って欲しいんです」を訴えたことか・・・(笑)

根気よく訴え続けたおかげで、最後には思い描いていたものが出来上がりました。

最近、特に感じていることですが、家を建てたい方に「こうしたい」という思いはたくさんあるのに、「どうしていいのか、わからない」が多くて、最後には「わからないから、言われるとおりにしよう」になってしまっている方が多いな・・・って。
本当は作れるのに、反対されると不安になってしまうんですよね。

そんな方たちの少しでも力になれれば・・・と特に最近強く感じるようになったこの頃です。
[PR]
by showhinkan | 2007-03-13 00:33 | お家づくり
撮影
引っ越して5日。毎日仕事をしながら、ちょっとづつ住宅部分の整理をしていました。
「全然進まな~い!まぁ、ゆっくりでいいか~」とのんびり思っていたところ・・・
「月曜、撮影ですから」
えっ?!・・・そう、Uralaさんの撮影隊がやってくることになり、またも強行突破で片付けなくてはいけなくなりました・・・(汗)

いつも、ギリギリでどうにかなっている私。
今回も、なんとか約束の時間ギリギリに間に合わせることが出来ました・・・
e0061787_18464450.jpg
おかげで、決まるまでに1ヵ月くらいかかるであろうと思っていたキッチンの取っ手は、あっけなくお店にあったもので数が足りるものになりました(多分、このままでしょう・・・(苦笑)

ちなみに、「なんの木にされたんですか?」との質問が多いわが家のキッチンですが、今回初めて「メープル材」で作ってみました。

理由をよく聞かれるので、この場でお答えすると、母のキッチンはウォルナットで、私たちの持っている家具はチェリーとパインだったので、それ以外の木で、まだ使っていないものを・・・といった単純な理由です(笑)
[PR]
by showhinkan | 2007-03-06 03:40 | お家づくり
セレモニー
昨日のお休みに、なんとか引越ししました。もう、強制的に無理やりです(苦笑)
e0061787_1961316.jpgさすがの私もバテバテです。
そんな中、追い討ちをかけるように「今日、火入れ式をやってもらうことにしたから~」と主人。
そう、薪ストーブです。

ヨーロッパでは、最初に火が入る時が最も重要らしく、家族や親戚、みんなが集まって行われるとのこと。とりあえず、私達家族と、ちょうど京都から帰ってきた3番目の姉、ひみちゃん、そして、薪ストーブのスポンサーである実家の父母を呼んでセレモニーが始まりました。

火を入れたのはもちろん主人とゆうたろう。
最初はどうなるかと思いましたが、薪が燃える様子はとても幻想的でいい感じです。

e0061787_19133388.jpgそして、なんとか部屋に家具が入りました。
いつも思うことですが、インテリアの雰囲気はやっぱり家具が作ってくれます。

←何組か特別な方に、こっそりとお見せしたわが家の寝室です。
ここも家具が入った途端、雰囲気が出て、いい感じになりました。
今度家具が入った後の写真を撮ってお見せします。

ちなみに壁はペイントされた淡~いピンク?(カフェの壁と同じです)床は、主人のこだわり、大工さんを泣かせた(笑)無垢材のヘリンボーンです。
[PR]
by showhinkan | 2007-03-01 19:06 | お家づくり
鉄のかたまり
主人が突然「あのな・・・ちょっと欲しいものができたんやけど」と言い始めました。
まぁ、何度も聞き飽きている言葉なのですが、今回はいつにも増して様子がおかしい!

「実は、これを考えているんだけど・・・」と出してきたのは“薪ストーブ”のカタログでした。
暖については、今までいろいろ話し合ってきて、結論として昔ながらのストーブに落ち着いていたはずなのに、今更なに???e0061787_17202185.jpg

言い始めると、絶対にあきらめない主人の性格は、嫌と言うほど分かっているのですが、本人も今回だけは想定外の予算をどうするかで悩んでいる様子。

結局、私が実家の両親から「リフォームするのに使って」と貰っていたお金を使うことにしようということになりました。

突如、つけることになった薪ストーブのおかげで、またも家の図面が急遽変更されました(苦笑)
できるだけシンプルでかっこいいものをと選んだのは、「みにくいアヒルの子」の愛称で親しまれているシガータイプです。

後日談・・・実家の両親に薪ストーブを買う報告をした時、「おぉ~いいなぁ」と、いい反応。
両親は「鉄の塊を買う」と聞いて、てっきり主人がバイクを買うと思ってドキドキしていたそうです(笑)
[PR]
by showhinkan | 2007-01-23 17:34 | お家づくり
壁の色
今日は、朝からワクワクで、あわてて現場に向いました。なぜかというと、昨日、お店の壁がペイントされたからです。色選びには、本当に神経をすり減らしました(笑)

ドキドキしながらのぞいてみると・・・!!!いい感じ!e0061787_1912221.jpg
まず、カフェ部分。ここはダークで落ち着いた雰囲気にしたかった私。写真で見ると分かりにくいんですが、どうしても2トーンで仕上げたくて、反対されながらもブラウン系とピンク系の2色を選びました。

e0061787_19125599.jpg出来上がりをみて主人も「おぉ、よかったな~」と納得の様子。よかった。

アクセントカラーも冒険したくて、カウンター横の壁に、ダークな朱色を入れてみました。横はこれから珪藻土が塗られます。

レジを置こうと思っているところの壁は、緑と青と灰色を混ぜたような色(?!)です。e0061787_19131334.jpg

どれも、塗るまでは「本当にこれでよかったかな?!!!」とドキドキでしたが、想像通りの仕上がりで大満足です。

ちなみにペイントに使ったのは、ヨーロッパなどでお城の修復などに使うペンキです。日本ではまだ馴染みがあまりないのですが、エッグシェルという卵の殻のような仕上がりで、ちょっと漆喰を塗ったような感じです。

本当は、お店全体を珪藻土にしようと思っていたのですが、ペイントの仕上がりのよさに、一部のみを珪藻土にしたところ、思わぬところで、コストダウンしました。
質感がとてもいいので、オープンしたときには、ぜひご覧下さい。(←って、どれだけ遅れているんだろう??!)
[PR]
by showhinkan | 2007-01-18 19:25 | お家づくり
コストダウンの方法①
e0061787_1561656.jpg今日、外観をお見せしようと思ったら、写真を誤って削除してしまい・・・(涙)
なので、昨年末の進み具合になりますが、出来上がった部分をお見せします。

大工さんが作っているのが階段。大工さんは階段が上手に作れて「一人前」だそうです。

この階段、本来「土台は鉄で踏み板が木」と言うのが主人の希望だったのですが、予算が出た時、もれなく「削る部分」に入れてしまった私(笑)
「土台も木でお願いします」と即答でした。
e0061787_1563345.jpg「後で、絶対後悔するぞ~」と脅しともいえる不満を言い続ける主人をなんとか説得しようと考えたのが、「踏み板の部分に麻タイルを巻く」という方法です。
このアイデアは気に入ってもらえたらしく、ここでいくらかのコストダウンに成功しました。

これから手すりが付いて色が塗られ、麻を巻きます。(←どうやって巻くんだろう・・・との不安が残るのですが・・・)
e0061787_1564488.jpg


そして、これは何だと思います??実は2階部分の断熱材です。発砲ウレタンというもので、お家の中の隙間という隙間を全て埋めてしまう最新の方法らしいです。

これまた予算が出た時、設計士さんの薦めもあり、1階部分にこの断熱材を入れることは断念しました。でも、そのおかげで、かなり大幅のコストダウンに成功しました。e0061787_157051.jpg

ちょうど、この梁の下の部分にキッチンがくる予定です。
この、昔からの梁は主人が気に入っていて、急遽、天井を板にすることに決まりました。

毎日毎日、決めることが多すぎて・・・
こんな仕事をしている私でも大変なのだから、普通にお家を建てようと思う方は、もっと大変だろうな・・・。
思った通りに作る為には、素材からカーブに至るまで、一つ一つ細かい支持をしていかないと、絶対無理。

そして、私たちの細か~い要求に付き合ってくれている大工さんは本当に大変です(笑)
[PR]
by showhinkan | 2007-01-15 15:43 | お家づくり
最近、毎日リフォーム現場を覗きに行くのが日課になってきました。e0061787_1639364.jpg
「今日、大工さんが床板はってたぞ」と主人。
いてもたってもいられなくなり、我慢できない私たちが夜、真っ暗な中、見に行くと・・・
おぉ~!!思っていた通り、スペシャルオーダーの床がいい感じではられています。

主人のこだわり(特に、窓と床板!)には、正直、うんざりしていましたが(笑)、こういう風に形になってくると、「よくぞ、ここまでこだわった」と褒めてあげたいくらいです。
本人が、「ちょっとやそっとじゃ、このディテールは作れない」と断言するのは、本当だなぁと最近、感心しています。
e0061787_16393399.jpgちなみに、床板は、ちょっと特殊なパインの床材。幅と高さをわざとガタガタになるよう加工してもらいました。
作ってもらった床材屋さんも、はじめての変なスペシャルオーダーに、嫌な顔一つせず、逆に「どんな風になるのか、ワクワクするよ」と言ってくれたおかげです。

ここまで書くと、高そうに思えますが、そうでもないんですよ。フローリング材より、よっぽど安いくらいなんです。

e0061787_16403293.jpg多分、一番苦労しているのは、分からない床板を貼らなければいけない大工さん!

文句一つ言わず、楽しみながら私たちの思い描く世界を形にしてくれることに、いつも感謝デス

e0061787_1641140.jpgちなみに、いつの間にか決定して気づいたら貼られていたカフェの厨房の床。テラコッタ。
「ちゃんと確認したぞ」と主人は言うのですが???e0061787_16411182.jpg

そして、審査を通すために急遽必要になって、入れることにしたアンティークのドア→
誤算だったのですが、逆によかったかも~と、気に入っています。ノブの部分が高い位置にあって可愛いんです。ノブはこれから選びマス。

こうやって、私たちは、2人でひとつみたいな感じで、役目が決まっています。
こんな風に研究を重ねて(笑)素材を探してくるのは主人、色やデザインなど細かいことを決めるのが私です。

足りない部分を補いながら、いい感じに出来上がってきています。
[PR]
by showhinkan | 2006-12-12 16:58 | お家づくり
ペインティング
お家のリフォームが最近、急ピッチで進んできています。特にお店の部分は、今年中に仕上げたいので、毎日、決断を迫られます。最近の課題は「壁の色」デス。e0061787_1735454.jpg

日本のお家は、まだまだクロス張りが主流なのですが、私たちはビニールクロスが好きではないので、珪藻土で壁を塗らない部分は、一部ペイントにしようと決めていました。

そのペイントの色を決めているのですが・・・本当に悩む!こちら→は、あるメーカーの見本なのですが、こんなにたくさんある色見本の切れっぱしだけで、壁全体の色なんて決められない・・・

たくさんある色見本の中で、「これは!?」と飛びついたのが、こちらです↓e0061787_173603.jpg

外国製の色見本なんですが、一つずつ手塗りで色が塗ってあって、とにかくかわいい!
今まで苦痛だった色見本と違って、眺めているだけでワクワク♪
一つ一つ手書き風に書いてある色の名前もかわいいんですよ~例えば、「BABYS BOOTS」とか「ANGEL SHOES」とか

トイレの壁の色だけで、何色も悩んだのですが、「まぁ、失敗したら塗り直そうか」との結論に至って、安心して冒険することができました(笑)

結局、選んだ色は、微妙なサーモンピンク?に茶色を混ぜたような色???(←なんとも表現し難い)ちょっとあたたかい雰囲気になればいいなと思って選びました。e0061787_1736516.jpg
塗られる日までは、ドキドキとワクワクでいっぱいです。

ちなみに、こちらは、この前のお休みに行ってきたフォーラスのデザートフォレストで食べた「蔵王プリン」一度食べてみたかったその味は、超濃厚で美味しかったです!
デコポンジュースと一緒に頂きました。
[PR]
by showhinkan | 2006-12-04 17:47 | お家づくり