ありがとう!お父さん
今日は、まじめにお話しを・・・

11月30日、主人の父が他界しました。享年69歳。
前々から入退院を繰り返していて、最後は1年2ヶ月という長い入院生活になりました。
いくら覚悟はしていたこととはいえ、お別れがこんなに悲しいものだとは思いませんでした。

お父さんは、一言でいうと本当に「いい人」でした。
私はお父さんからたくさんのことを教えてもらいました。

人を褒めるということ。そして、人に感謝する気持ちを忘れないということです。

こんなに至らない嫁の私にも常に「ゆっこさん、あんたはいい嫁さんやのぉ~」「ありがとのぉ~」を言い続けていたお父さん。
しかも家族の中だけではなく、よその人の前でも私のことを自慢してくれていたお父さん。

ゆうたろうが生まれた時も、泣きながら「いい子を産んでくれてありがとのぉ~」
仕事が終わって帰ってきた時には、いつも「おつかれさん。ありがとのぉ~」
金沢店を出店したときも、福井店を移転したときも「がんばってくれる嫁さんがきてくれて、父ちゃんは幸せや。ありがとのぉ~」
病院にお見舞いに行くと、第一声は必ず「いつも頑張ってくれてありがとのぉ~」

かろうじて意識があるお父さんと最後にしゃべった時、一生懸命絞るような声で私に言ってくれた言葉も「あ・・り・・が・・・とう・・・・」


ゆうたろうを本当に可愛がってくれて、大事に大事にしてくれたお父さん。

私こそ、お父さんに本当に感謝しています。
お父さん、本当に本当にありがとう。
短い間だったけど、私は本当にお父さんの所にお嫁に来れて幸せでした。

「ゆっこさん、子供は、怒ったらあかん。笑顔と愛情で褒めて育てるんや~」

これからは、お父さんに教えてもらったことを大切にしながらお店と子育てを頑張っていくから天国から見ていてね。

たくさんの方に、お通夜、お葬式に参列いただきありがとうございました。
この場を借りて深く御礼申し上げます。
[PR]
by showhinkan | 2005-12-04 19:25 | 家族のこと
<< 2つのケーキ はるら~必見! >>